Idioma: Español

領事関連

各種証明・申請手続き

海外に所在する日本の在外公館では,その国で生活する日本人の方からの申請に基づいて,いろいろな証明書を発給しています。主要な証明は次の通りです。

①在留証明

外国のどこに住所(生活の本拠)を有しているかの証明。
不動産登記、遺産相続、年金受給や日本の学校での受験手続などに使われます。

<対象>
日本国籍を持ち、キューバ国内に既に3ヶ月以上滞在されている方

必要書類(提示)

なお、有効期間がない書類(例えば、公共料金請求書など)を提示する場合は、その日付が古いもの(居住開始日の立証)と、 最新のもの(現在引き続き居住していることの立証)の2件の書類が必要です。

②署名(及び拇印)証明

日本の印鑑証明に代わるものとして,申請者の署名(必要な場合には拇印も)が確かに領事の面前でなされたことを証明するもの。
日本における不動産登記、遺産相続や銀行ローンあるいは自動車名義変更手続等の際に使われます。

③出生証明

いつ、どこで出生したのかを証明するもの。
自動車免許取得、扶養家族証明などに使われます。

④婚姻証明

誰といつから正式に婚姻関係にあるかを証明するものです。扶養家族証明などに使われます。

⑤警察証明

日本における犯罪歴の有無を証明するものです。
外国の永住権取得などの際に使われます。

⑥翻訳証明

日本文の公文書の翻訳が原文書に忠実であることを証明するものです。

⑦その他の証明

離婚証明、死亡証明など、その他にも証明できる事項がございます。
領事班までご相談ください。

・各種証明・申請手続きガイド